戦国乙女〜桃色パラドックス〜

戦国武将が全て女性化している戦国時代に女子高生がタイムスリップする話。パチンコが原作らしい。
三国志だと男版(史実と同じ)なのが「三国演義」で女置き換え版が「恋姫無双」ですが、戦国時代でその女置き換え版にあたるのが本作となります。いきなりパチンコで仕掛ける平和という会社は思い切りが良いくて凄いです。ちなみに現代〜近未来を舞台にするのが「一騎当千」、「百花繚乱 サムライガールズ」です。でも恋姫無双と違うのは、史実では戦国武将が男であるのにタイムスリップした世界では女に置き換わっていることを認識している点です。その理由はなんだかわからないけどパラレルワールドに飛ばされたらしい、みたいな解決のされ方でした、なんなんだ全く。ストーリーは、深紅の甲冑を集めると全国制覇できるとかふわっとした設定のため、武将各々が対決して取得していくという流れで、史実は意識しないほうが良いのかな〜と思いきや、本能寺で明智光秀が謀反を起こそうとしたりなど史実に基づいている点もあります。
何を楽しめば良いのか良くわかりませんが、主人公の現代女子高生ヒデヨシが戦国時代でもヒデヨシの位置、つまりノブナガの家来として生活するギャップなのでしょうか。もしくはその声優が17歳という点かもしれません。17歳にしては他の人より演技上手いです。素晴らしい。最後にはSF的な終わり方になり、なんだかわからない感じで終劇となりますが、結局この世界はなんだったんだろうというモヤモヤした感じが残りました。